夕暮れのルアンパバーンに到着 ~ラオス

f0116817_124115.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境を通過、

ムアンガーン、ホンサー(Hongsa)、タスアン(Tha Souang)と移動、
スローボートでメコン川を下り、夕暮れの世界遺産の町ルアンパバーン
(Luang Prabang)に到着。

タスアン~ルアンパバーン間のスローボート料金100,000ラオスキップ、
所要時間約7時間。

今回通過した国境ルートは外国人に開放されたばかりで、ツーリストエリアからも
外れているため交通は不便で、英語も全くといっていいほど通じなかった。

ただホンサーをベースに近郊のタイルー族、モン族の村へのトレッキング
(エレファントトレッキング含む)がアレンジ可能との事。これらを組み合わせれば
面白いルートになるかもしれない。

Luang Prabang, Laos

撮影日 2009/1/6

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-03-01 23:00 | Laos  

<< 変わりゆく世界遺産の町 ルアン... タスアンからルアンパバーン行き... >>