ラフ・シー族の子供たち ~ミャンマー チャイントォン 1

f0116817_10191415.jpg


ミャンマー シャン州東部の中心地、チャイントォンはシャン高原の山間の
盆地に広がる静かな美しい町。

町の人口の大部分をタイ系のシャン族が占め、ミャンマーの多数派民族
ビルマ族はここでは少数派。

周辺の少数民族の村への日帰りトレッキングに参加。
麓の村までバイクで行き、そこからトレッキング開始。

2時間ほど山道を歩き、ラフ・シー族の村に到着。

ラフ・シー族はラフ族の支族のひとつ。
「ラフ」とは「虎を狩る人」の意で、ラフ族の男は狩の名手として知られる。

この村に限らず少数民族の村はどこも子供がとても多い。
平均して5人、多い家では10人の子供が生まれるとか。ただ、成人するまで
生きられない子供も少なくないそうだ。

村への土産には医薬品(傷薬、痛み止め、抗生物質など)がとても
喜ばれる。

Kyaingtong, Myanmar

撮影日 2009/1/20

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-03-22 23:00 | Myanmar  

<< ラフ・シー族の子供たち ~ミャ... 流通する「インドルピー」銀貨 ... >>