アカ族のシャーマン一家 ミャンマー チャイントォン

f0116817_11443793.jpg


ミャンマー シャン州東部の中心地、チャイントォンはシャン高原の山間の
盆地に広がる静かな美しい町。

町の人口の大部分をタイ系のシャン族が占め、ミャンマーの多数派民族
ビルマ族はここでは少数派。

前日に引き続き周辺の少数民族の村への日帰りトレッキングに参加。
まずは麓のアカ族の村に到着。

この村は15年ほど前に従来の精霊信仰(アミニズム)からキリスト教に改宗したが、
シャーマン(祈祷師)は健在。

かつてのように冠婚葬祭を取り仕切ることはなくなったものの、豊富な薬草の知識
を持ち、村の医者のような存在だそうだ。

写真左から、シャーマン、孫娘、妻。

Kyaingtong, Myanmar

撮影日 2009/1/21

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-03-30 23:00 | Myanmar  

<< エン族の村に到着 ミャンマー ... 十字架の立つアカ族の村 ミャン... >>