布を売り込むエン族の女たち ~ミャンマー チャイントォン

f0116817_11261349.jpg


ミャンマー シャン州東部の中心地、チャイントォンはシャン高原の山間の
盆地に広がる静かな美しい町。

町の人口の大部分をタイ系のシャン族が占め、ミャンマーの多数派民族
ビルマ族はここでは少数派。

前日に引き続き周辺の少数民族の村への日帰りトレッキングに参加。

麓のアカ族の村から1時間ほど山を登りエン族の村に到着。
エン族は主に中国雲南省、ミャンマー東北部に居住するワ族の支族の一つ。

この地域に多い北方から移住してきたとされる諸民族(シャン族、リス族、ヤオ族など)
とは外見が大きく異なる。色黒の南方系の顔立ちはカンボジアの多数民族、クメール族
に近いようだ。

タイからタチレイ経由でチャイントォンに行くことができるようになってから、観光客
が徐々に増えているようで、手織りの布を女たちが売り込んでくる。

伝統の色使いが美しい。小さい布を一枚購入。
言い値は大きい布で5,000ミャンマーチャット、小さい布で2,000ミャンマーチャット。

Kyaingtong, Myanmar

撮影日 2009/1/21

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-04-02 23:00 | Myanmar  

<< エン族の村のシャーマン ~ミャ... エン族の人びと ~ミャンマー ... >>