「パダン風サテ」 ~インドネシア スマトラ島 メダン

f0116817_1702224.jpg


インドネシア スマトラ島 ブキッラワンからいったんメダンに戻る。

復路は小型ワゴンを利用した乗り合いタクシーを利用。
料金15,000インドネシアルピア、所要時間約3時間。

速いが、アジアの乗り合いタクシーの例に漏れず、極限まで
詰め込まれるので座る場所によっては苦しい。

メダンで宿泊したホテルの近くに、「SATE PADANG」の看板を
掲げ店先でサテ(串焼き)を焼いている店に入る。

パダンといえばスマトラ島の南東部、インド洋に面した都市の名前。
「パダン風サテ」といったところか。

炭火で焼かれたサテ(おそらく牛肉)にタレをかけて出てくる。
皿の底にはおそらく芋類で作られた団子が敷かれちょっとした食事に。

パダン料理といえば辛いので有名だが、かけられたタレは辛さも
控えめ。甘いタレのかかったマレー風サテとは違い、ビールにぴったり
といった味。

ただここはイスラム国、ビン入りアイスティー「TEH BOTOL」で我慢。

Medan, Sumatra, Indonesia

撮影日 2009/5/14

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-07-05 23:00 | Indonesia  

<< トバ湖へ ~インドネシア スマトラ島 オランウータンに出会う インド... >>