伝統の織物村 ~インドネシア スンバ島 カリウダ

f0116817_121350.jpg


インドネシア スンバ島 ワインガプから日帰りで伝統の織物「イカット」で
名高い村 カリウダを訪問。

バスで所要時間約3時間、料金20,000インドネシアルピア。
幹線道路の村の入り口でおろしてもらいそこから2kmほど歩く。

伝統の織物「イカット」はスンバ島を含むヌサ・トゥンガラ諸島東部特有の
織物だが特にスンバ島のものはその図案と技術の高さで名高い。

その中でもカリウダ出身の織り手は最高の技術を持つという。

ただそれゆえ優秀な織り手はバリ島、ジャワ島といった大消費地に出稼ぎ
に行っているらしく村は閑散としており、織っていた人も写真の一人だけ。

村を歩いてもイカットを買えといわれるわけでなくお茶をごちそうになった。
とてものどかなところ。

Kaliuda, Sumba, Indonesia

撮影日 2009/6/20

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-29 23:00 | Indonesia  

<< 島の「固有種」 〜インドネシア... スンバ島 ワインガプ上空の眺め... >>