アジアの食の楽しみ ~インドネシア バリ島 ウブド

f0116817_11322116.jpg


インドネシア バリ島 ウブド。

宿泊したウブド中心部には地元の人向けの食堂が全くなく、観光客向けの
こぎれいな店ばかり。

値段が高いのは仕方ないとして、おそらく欧米人好みの味なのだろうが、
ぼやけた味(薄いとか濃いとかではなく「ぼやけた」としか言いようがない)。

そこで毎朝王宮前の市場で買出し。

この市場は早朝から土産物屋が開店する9時ごろまでは、供物の花、野菜、
惣菜などを売る露店が並び、地元の人でにぎわう。

写真の露店ではテンペ(発酵させた大豆を固めたもので納豆のような風味)、
ニガウリ、インゲン、モヤシなどの野菜、煮魚といった惣菜をご飯と一緒に手早く
紙に包んでくれる。

ご飯の量、惣菜の種類にもよるが、2,000~5,000インドネシアルピア程度。

もちろんとても美味。

Ubud, Bali, Indonesia

撮影日 2009/7/6

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-09-19 23:00 | Indonesia  

<< バリ舞踊 「レゴンダンス」を観... バリ舞踊のレッスンを観る ~イ... >>