「黄亜細肉骨茶餐室」 ~シンガポール

f0116817_13223861.jpg


中華圏でただ単に「肉」といえば豚肉のこと。

マレーシア、シンガポールなど華人の多い東南アジア地域で食べられるのが
「肉骨茶」という料理。豚肉のハーブ煮込みと訳されることが多い。

諸説あるがマレーシアの港湾都市クランで肉体労働に従事していた中国からの
移民が安く体力のつく料理として生み出したという。

普通は福建省南部や台湾で話されている方言(閩南語)の発音で、「バークッテー」と
読むところを見ると、福建系の移民が生みの親なのだろう。

マレーシア クアラルンプールで食べた肉骨茶は即席で煮込まれたようで今ひとつ
だったが、この店は長時間かけて煮込まれたものを出す。

野菜など余計なものはなく、ただ骨付き豚肉の大きな塊のみ。ハーブ、スパイスが
効いたスープも美味。豚肉の美味しさを存分に味わえる。

ご飯とセットで6.00シンガポールドル。

「黄亜細肉骨茶餐室」
208 Rangoon Rd., Singapore
MRT (Mass Rapid Transit) Farrer Park駅(NE8)下車徒歩約10分

住宅街の中の不便な立地だが、地元の人で大混雑。名店である。

Singapore

撮影日 2009/7/18

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-10-01 23:00 | Singapore  

<< 再びバリ島 デンパサールへ飛ぶ 「威南記海南鶏飯餐室」 ~シン... >>