「S-21」トゥール・スレン収容所 ~カンボジア プノンペン

f0116817_18214589.jpg


カンボジアの首都プノンペン。

中心部から程近い何の変哲もない住宅街に「トゥール・スレン博物館」はある。

1975年から1979年にかけてこの国を支配したポル・ポト率いるカンボジア
共産党(クメール・ルージュ)が「政治犯」の収容のためにリセ(高校)を
転用した収容所(S-21)が当時のまま残る。

毛沢東思想を信奉し、原始共産社会を理想とする極端な政策(都市住民の農村
への強制移住、通貨の廃止、私財の没収など)をとり国民を「旧住民」と「新住民」
に区分。反革命分子と目された「新住民」は些細な理由(外国語が話せる、眼鏡
をかけている、色が白いなど)から粛清の対象となった。

カンボジア全土につくられた収容所のひとつであるこのS-21でも老人、女性、
子供を含む2万人が処刑されたという(全国の犠牲者は諸説あるが最低でも
100万人というのが定説)。

写真の拷問部屋のほか、二畳足らずに区切られた独房、様々な拷問器具、収容者
たちのおびただしい数の顔写真など当時の狂気がよみがえる。

中国の文化大革命、スターリンの大粛清、連合赤軍、北朝鮮、、、共産主義の
本質だろう。

入場料 2米ドル

Phnom Penh, Cambodia

撮影日 2009/8/25

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-14 23:00 | Cambodia  

<< 「髪を絞る女神像」 ~カンボジ... クメール芸術の宝庫 カンボジア... >>