世界遺産 アンコール遺跡 ニャック・ポアン ~1

f0116817_1112667.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

プリア・カンの東、同じく12世紀末にジャヤヴァルマン7世により建立された
ニャック・ポアンは周囲に四つの小池を配した一辺約70mの中央池に祠堂が
建てられた、治水に対する信仰と技術を象徴する寺院。

ニャック・ポアンとは「絡み合うナーガ(蛇)」の意。その名のとおり、祠堂
の周囲をナーガの彫刻が取り巻いている。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/28

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-20 23:00 | Cambodia  

<< 世界遺産 アンコール遺跡 ニャ... 世界遺産 アンコール遺跡 プリ... >>