とりあえずビアラオ ~ラオス アタプー

f0116817_958406.jpg


ラオス プークア(Phou Keau)の国境から、最初の町アタプー
(Attapeu)に向かおうとしたが、公共交通機関はなく、ベトナムからの
国際バスに便乗するしかないということが判明。

ベトナム コントゥム(Kon Tum)のホテルで聞いたところ、国際バスは
ないとのことだったが、実際はベトナム プレイク(Gia Lai)からアタプー
経由でパクセ(Pakse)行きのバスが一日数便運行されているらしい。

幸いさほど待つことなくバスが国境を越えてやって来たので交渉。アタプー
まで料金50,000ラオスキップ、所要時間約2時間半。

アタプーは、ラオス東南端のアタプー県の県庁所在地だが、メインストリート
を兼ねる国道18号線沿いに商店と民家が点在するいかにもラオスらしい町。

タイやベトナム基準なら村の範疇だろう。

とりあえず、町はずれを流れる川 セ・コン沿いのレストランでラオスが誇る
ビール ビアラオを注文。変わらないおいしさ。

10,000ラオスキップ。

料理は「おすすめ」というゆでたヤギ肉。臭みはほとんどないが格別美味と
いうわけでもない。20,000ラオスキップ。

Attapeu, Laos

撮影日 2009/9/12

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-12-20 23:00 | Laos  

<< 早朝の托鉢行 ~ラオス アタプー プークアのイミグレーション ~ラオス >>