国境の町の「センレック・ナーム」 〜タイ ナコンパノム

f0116817_17142712.jpg


タイ ナコンパノム。

メコンをはさんでラオス タケークと向かい合うこの町は
まだまだラオス色が濃い。

町の人はラオス語とほとんど同じイサーン(タイ東北部)方言
を話し、寺院の仏塔はラオス式の「タート」が多い。

タイ全土で食べられる汁そば「センレック・ナーム」も量は
バンコクあたりの二倍(日本と同じくらい)はあり、たっぷりの
生野菜と香草が別皿でつくのもラオス風。

写真は牛スープに牛肉の具の「センレック・ヌア」。

具の牛肉がレアなあたり、ベトナムの「フォー・ボー・タイ
にそっくり。ナコンパノムはベトナム系移民が多い町だという
からその影響もあるのかもしれない。

30タイバーツ。

Nakhon Phanom, Thailand

撮影日 2009/9/18

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-12-30 23:00 | Thailand  

<< 「ワット・プラ・タート・パノム... ラオス式仏塔のある寺 〜タイ ... >>