国境の町の「米線」 ~ラオス ムアンシン

f0116817_12102110.jpg


ラオス ムアンシン。

この町から北東に10kmほどいくと中国雲南省との国境に至る。
2009年10月現在、ラオス人、中国人以外の第三国人には開放されて
いないが、様々な人と物がこの国境を通して流れ込んでいる。

タラート(市場)には雲南風の「米線」の屋台が。

薄味のスープに、好みで唐辛子、塩、砂糖、化学調味料、ニンニク油、
山椒油、辛子高菜などで味をつける。

普通盛りが3,000ラオスキップ、大盛りが5,000ラオスキップ。
(写真は大盛り)

Muang Sing, Laos

撮影日 2009/10/5

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2010-01-29 23:00 | Laos  

<< ランテン族の二人 ~ラオス ル... 「オクパンサー」の朝 ~ラオス... >>