空から見た「新首都」 ネーピードー ~ミャンマー

f0116817_21462983.jpg


ミャンマー ヤンゴンから北部の町ミッチーナーに向かうため搭乗した
エアバガン(W9251)のATR72型機は、経由地マンダレーの手前で
「新首都」ネーピードーの上空を通過する。

2005年にヤンゴンから「遷都」したこの町は2008年までは一般の
外国人の立ち入りを禁じていたというたぐいまれな「首都」。

現在では立ち入りは可能だが、官公庁や幹部住宅が立ち並ぶだけの
ところで、そのほとんどが撮影禁止だとか。

上空から眺めるだけで十分のようである。

ちなみにネーピードーはビルマ語で「王城」の意。言うまでもないが
この国、ミャンマー連邦は社会主義国である。

ヤンゴンを発って約2時間45分(マンダレーでの停留時間約20分)で、
ミッチーナー空港に到着。

Nay Pyi Taw, Myanmar

撮影日 2009/10/23

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2010-02-12 23:00 | Myanmar  

<< イラワジ川で洗濯を ~ミャンマ... エアバガンでミッチーナーに飛ぶ... >>