世界遺産 アンコールトム ~ バイヨン寺院

f0116817_18154938.jpg


12世紀後半から、13世紀初頭にかけ、ジャヤバルマン7世によって
建造された大乗仏教とヒンドゥー教の混合寺院。アンコールトムとは
クメール語で「大きい町」を意味する。その名のとおり、城壁に囲まれた
巨大な遺跡である。

そのアンコールトムの中心に位置する仏教寺院がバイヨン寺院。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2007/7/11

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-08-01 23:00 | Cambodia  

<< 世界遺産 アンコールトム ~ ... 世界遺産 アンコールワット ~... >>