「中東のパリ」 ~ ベイルート レバノン

f0116817_21351318.jpg


ベイルートは、内戦前は「中東のパリ」と呼ばれ、中東有数の
金融商業の中心として繁栄していたという。

私は本物のパリには行ったことはないが、街の雰囲気は、
今まで訪れた中東のどの町とも違うヨーロッパ色の濃いものだ。

写真は旧市街の中心、エトワール広場。円形の広場を中心に
放射状に道路が延びるしゃれた雰囲気。

ただ、この広場に入るには各道路に設置されたバリケードで
自動小銃を持った兵士による荷物検査を受けなければならず、
完全な和平がまだまだだということがわかる。

Beirut, Lebanon

撮影日 2007/8/23

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-09-18 23:00 | Lebanon  

<< 世界遺産 イスタンブール歴史地... ホリデイイン・ベイルート レバノン >>