【世界遺産】 京都 下鴨神社 ~舞殿と神服殿

f0116817_13101679.jpg


京都市左京区、鴨川と高野川の合流する三角地帯に位置する
下鴨神社。正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ) 。

下鴨神社の創祀は明らかではないようであるが、平安遷都(794年)
のはるか前、紀元前に遡ると考えられている。

1994年、「古都京都の文化財」の一つとしてユネスコの世界文化遺産
に登録された。

表参道の通る糺の森(ただすのもり)は、約12万平方メートル(約3万6千坪)
の広大な原生林である。

手前が「舞殿」。葵祭の時天皇の勅使が御祭文を奏上され東游が奉納される
場所。奥が「神服殿」。古来殿内の一室が行幸の時に玉座となった殿舎。

いずれも重要文化財に指定されている。

Kyoto, Kyoto, Japan

撮影日 2008/4/21

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-04-29 23:00 | Japan  

<< ルアンパバーンから旅を再開 ~ラオス 【世界遺産】 京都 下鴨神社 ~楼門 >>