「ほっ」と。キャンペーン

"雲のすみか" インド メガラヤ州チェラプンジ 〜4

f0116817_1655921.jpg


インド メガラヤ州チェラプンジ。

州都シロンの南、メガラヤ丘陵がベンガル平原に落ち込むついたて状の
斜面の上に位置するため、南からの季節風をもろに受ける。

このためこの一帯は世界有数の雨の多い地域として知られる。

1860年8月から1861年7月にかけて、26,461mmという驚異的な
年間降水量を記録している。

"メガラヤ"とはサンスクリット語で"雲のすみか"の意。

写真はNohsngithiang Falls。現地語で"七姉妹の滝"という意味だという。
このあたり至るところで見事な滝が見られる。

Cherrapunjee, Meghalaya, India

撮影日 2008/9/24

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-10-17 23:00 | India  

<< "雲のすみか&quo... "雲のすみか&quo... >>