カテゴリ:Cambodia( 37 )

 

クイティウで朝食 ~カンボジア プノンペン

f0116817_1048550.jpg


カンボジア シェムリアップから再びプノンペンに移動。
ツアーバス(キャピトルツアー)で料金5米ドル、所要時間約6時間。

カンボジアの朝食は周辺諸国と同じく汁そばが主流。
中でも米でつくった幅広の麺「クイティウ」が人気。

薄味のスープに客が好みの味をつけるタイとは違い、比較的しっかりと
した味付け。量もタイの倍ぐらい(日本と同じぐらい)。

具はゆでた豚肉、エビ、モヤシなど。ライムをしぼっていただく。

5,500カンボジアリエル。

なお「麺」とは中国語では小麦製品(餃子、パン含む)を指す言葉
だが、日本語の慣例に従い「米の麺」という表現を用いた。「クイティウ」
にあたる中国語は「河粉」。

Phnom Penh, Cambodia

撮影日 2009/9/3

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-12-03 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 ~ヴィシュヌ神像

f0116817_17273861.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

写真はアンコール・ワットの西塔門近くの第一回廊に立つ
八臂のヴィシュヌ神像。

インド起源のヒンドゥー神だが、像の顔立ちはクメール風。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/31

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-12-02 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 ~デバダー

f0116817_1713237.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

写真はアンコール・ワットの第一回廊に彫られたデバダー(女神)
のレリーフ。

アンコール・ワットに限らずほとんどの遺跡でデバダーのレリーフを
見ることができる。

その表情、髪型、装飾品はさまざまで、おそらく実在の宮中女官を
モデルにして製作されたのだろう。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/31

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-30 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 プラサット・クラヴァン ~2

f0116817_1262092.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

アンコール・ワットの東に位置するプラサット・クラヴァンは921年にハルシャ
ヴァルマン1世により建立されたヴィシュヌ神を祀った寺院。

南北一列に五つの祠堂が並ぶ。

アンコール遺跡の寺院としては珍しく、内部の壁面にレリーフが刻まれており、
すっきりした外観が特徴。

写真は中央祠堂内のレリーフ、「ガルーダ(神鳥)に乗るヴィシュヌ神」。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/31

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-29 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 プラサット・クラヴァン ~1

f0116817_11582475.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

アンコール・ワットの東に位置するプラサット・クラヴァンは921年にハルシャ
ヴァルマン1世により建立されたヴィシュヌ神を祀った寺院。

南北一列に五つの祠堂が並ぶ。

アンコール遺跡の寺院としては珍しく、内部の壁面にレリーフが刻まれており、
すっきりした外観が特徴。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/31

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-28 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 バコン ~2

f0116817_12262229.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

シェムリアップの町の東に位置するロリュオス遺跡群は、アンコール
地域に都が移る前の王都の跡。

その中で最大規模のバコンは9世紀後半、インドラヴァルマン1世により
建立された最初のピラミッド式寺院で12世紀前半に建立されたアンコール・
ワットの原型とされる。

五層の基壇の上に建つ中央祠堂とシンハ(獅子)の像。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/29

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-27 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 バコン ~1

f0116817_12202538.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

シェムリアップの町の東に位置するロリュオス遺跡群は、アンコール
地域に都が移る前の王都の跡。

その中で最大規模のバコンは9世紀後半、インドラヴァルマン1世により
建立された最初のピラミッド式寺院。

12世紀前半に建立されたアンコール・ワットの原型とされる。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/29

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-26 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 プリア・コー

f0116817_18193841.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

シェムリアップの町の東に位置するロリュオス遺跡群は、アンコール
地域に都が移る前の王都の跡。

そのひとつ、プリア・コーはインドラヴァルマン1世により9世紀後半に
建立されたヒンドゥー寺院で「聖なる牛」の意。

その名の通り、ヒンドゥーの聖牛ナンディンが祀られている。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/29

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-25 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 ロレイ

f0116817_1843797.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

シェムリアップの町の東に位置するロリュオス遺跡群は、アンコール
地域に都が移る前の王都の跡。

そのひとつ、ロレイはヤショーヴァルマン1世により9世紀末に建立され
たヒンドゥー寺院。

シヴァ神の象徴、リンガ(男根)の周りを四つのレンガ造りの祠堂が囲む。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/29

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-24 23:00 | Cambodia  

世界遺産 アンコール遺跡 タ・ソム ~2

f0116817_15582182.jpg


世界遺産 アンコール遺跡。

2007年7月にアンコール・ワットアンコール・トムタ・プローム
バンテアイ・スレイベンメリアといった有名どころを回ったので
今回はそれ以外を中心に訪問。

プリア・カンニャック・ポアンと同時期、12世紀末にジャヤヴァルマン
7世により建立されたタ・ソムは規模も小さく構造も平凡だが、木の根に
すっぽりと覆われた東塔門の奇観で名高く多くの観光客が訪れる。

東西の塔門には、アンコール・トムと同様、「クメールの微笑」で名高い
観音菩薩が四面に冠せられている。

西塔門を出たところで突然のスコール。茶店でやり過ごす。

Siem Reap, Cambodia

撮影日 2009/8/28

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-23 23:00 | Cambodia