「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:East Timor( 7 )

 

首都ディリにあふれる"UN" 〜東ティモール

f0116817_11521863.jpg


<<東ティモール(東ティモール民主共和国)略史>>

16世紀初頭 ポルトガルがティモール島を植民地化

1859年 ポルトガルがオランダに西ティモールを割譲

1974年11月28日 マルクス主義政党フレティリンが東ティモールの
独立を宣言 直後 インドネシア軍が東ティモール全土を制圧 併合を宣言

西側諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を重視、併合を黙認
その後も独立運動をスハルト政権下のインドネシアは厳しく弾圧、多数
の死者を出す

1998年 インドネシアのスハルト政権が崩壊、後任のハビビ大統領が
東ティモールの特別自治権の付与の是非を問う住民投票の実施を旧宗主国
ポルトガルと同意

1999年8月30日 国連の監視下で住民投票が実施され78.5%の反対票に
より特別自治権提案が否決、東ティモールの独立が確定

その後もインドネシア当局の支援を受ける併合派と独立派との衝突が続く

2002年5月20日 独立式典が行われ正式に独立国家としての東ティモール
が発足

首都ディリを歩くととにかく目につくのが"UN"の文字の入った国連の白い車。

ほぼ全数がトヨタ車(ハイラックス、ランドクルーザー、ハリアーなど)。
900番台のナンバーまで見かけたので1,000台はあるのだろう。

1台200万円としても20億円。

現在では平和維持から建国支援に業務内容が変わっており職員の数が減っている
ようで、相当数が職員のマイカーとして使われている。

そしてその職員の大部分が白人。

アジア(特に東アジア)のことなど分かっていない白人主導の大金をかけた建国支援、
5年、10年後、国連の車がこの国から消えているのだろうか。

Dili, East Timor

撮影日 2009/6/10

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-24 23:00 | East Timor  

首都ディリで見る夕日 〜東ティモール

f0116817_11323184.jpg


<<東ティモール(東ティモール民主共和国)略史>>

16世紀初頭 ポルトガルがティモール島を植民地化

1859年 ポルトガルがオランダに西ティモールを割譲

1974年11月28日 マルクス主義政党フレティリンが東ティモールの
独立を宣言 直後 インドネシア軍が東ティモール全土を制圧 併合を宣言

西側諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を重視、併合を黙認
その後も独立運動をスハルト政権下のインドネシアは厳しく弾圧、多数
の死者を出す

1998年 インドネシアのスハルト政権が崩壊、後任のハビビ大統領が
東ティモールの特別自治権の付与の是非を問う住民投票の実施を旧宗主国
ポルトガルと同意

1999年8月30日 国連の監視下で住民投票が実施され78.5%の反対票に
より特別自治権提案が否決、東ティモールの独立が確定

その後もインドネシア当局の支援を受ける併合派と独立派との衝突が続く

2002年5月20日 独立式典が行われ正式に独立国家としての東ティモール
が発足

写真は首都ディリの海岸で見た夕日。

といっても太陽が沈んでいるのはすぐ近くに見えるインドネシア領
アロール島。

南方にオーストラリア大陸があるとはいえ、東西そして北の三方を
囲む大国インドネシアの威圧感は相当なものだろう。

<<インドネシア共和国>>

面積192万平方キロ、人口2億5千万人、一人あたりGDP4,000米ドル

<<東ティモール民主共和国>>

面積1万5000平方キロ、人口100万人、一人あたりGDP500米ドル

Dili, East Timor

撮影日 2009/6/9

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-23 23:00 | East Timor  

東ティモール第二の"都市" バウカウ

f0116817_1154266.jpg


<<東ティモール(東ティモール民主共和国)略史>>

16世紀初頭 ポルトガルがティモール島を植民地化

1859年 ポルトガルがオランダに西ティモールを割譲

1974年11月28日 マルクス主義政党フレティリンが東ティモールの
独立を宣言 直後 インドネシア軍が東ティモール全土を制圧 併合を宣言

西側諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を重視、併合を黙認
その後も独立運動をスハルト政権下のインドネシアは厳しく弾圧、多数
の死者を出す

1998年 インドネシアのスハルト政権が崩壊、後任のハビビ大統領が
東ティモールの特別自治権の付与の是非を問う住民投票の実施を旧宗主国
ポルトガルと同意

1999年8月30日 国連の監視下で住民投票が実施され78.5%の反対票に
より特別自治権提案が否決、東ティモールの独立が確定

その後もインドネシア当局の支援を受ける併合派と独立派との衝突が続く

2002年5月20日 独立式典が行われ正式に独立国家としての東ティモール
が発足



東ティモールの首都ディリから日帰りで第二の都市バウカウに向かう。

バスを利用。料金4米ドル、所要時間約3時間。

バウカウは海を望む高台に民家が点在する、都市というより、村に毛が
はえたようなところ。第二の"都市"がこんな感じならほかの町はすべて
村レベルと思われる。

バウカウを歩いて驚くのが、人々の顔立ちがわずか120kmほどしか離れて
いない首都ディリと大きく異なること。

東西に細長いこの国の中央には2,000m級の山脈が走り、そこから南北に
流れ出す川が谷をつくっている。谷から谷へは険しい山を越えなければ
ならずディリとバウカウの間も例外ではない。

新生東ティモールではこの谷ごとの部族間の主導権争いがそのまま政権闘争
になっているようだ。

国づくりの大事な時に何をしているのか。

Baucau, East Timor

撮影日 2009/6/9

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-22 23:00 | East Timor  

首都ディリの"繁華街" 〜東ティモール

f0116817_10254647.jpg


<<東ティモール(東ティモール民主共和国)略史>>

16世紀初頭 ポルトガルがティモール島を植民地化

1859年 ポルトガルがオランダに西ティモールを割譲

1974年11月28日 マルクス主義政党フレティリンが東ティモールの
独立を宣言 直後 インドネシア軍が東ティモール全土を制圧 併合を宣言

西側諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を重視、併合を黙認
その後も独立運動をスハルト政権下のインドネシアは厳しく弾圧、多数
の死者を出す

1998年 インドネシアのスハルト政権が崩壊、後任のハビビ大統領が
東ティモールの特別自治権の付与の是非を問う住民投票の実施を旧宗主国
ポルトガルと同意

1999年8月30日 国連の監視下で住民投票が実施され78.5%の反対票に
より特別自治権提案が否決、東ティモールの独立が確定

その後もインドネシア当局の支援を受ける併合派と独立派との衝突が続く

2002年5月20日 独立式典が行われ正式に独立国家としての東ティモール
が発足

写真は首都ディリの"繁華街"。

ディリは首都といっても人口13万人ほどの小さな町で、官公庁、商店、
レストラン、民家などがとりとめもなく散在する。

商店が比較的集中しているのが写真の一角。

この国の屋台露店に毛がはえたような零細な店以外はほぼすべてが
華人、インド人の経営。

東南アジアでは当たり前の光景だが、この国の場合その比率が高すぎる
ように感じる。ディリに向かうバスで隣合わせた華人の女性いわく
独立の混乱時にいったん引き揚げた華人が続々と戻りつつあるという。

Dili, East Timor

撮影日 2009/6/8

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-21 23:00 | East Timor  

首都ディリの行政府 〜東ティモール

f0116817_11415562.jpg


<<東ティモール(東ティモール民主共和国)略史>>

16世紀初頭 ポルトガルがティモール島を植民地化

1859年 ポルトガルがオランダに西ティモールを割譲

1974年11月28日 マルクス主義政党フレティリンが東ティモールの
独立を宣言 直後 インドネシア軍が東ティモール全土を制圧 併合を宣言

西側諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を重視、併合を黙認
その後も独立運動をスハルト政権下のインドネシアは厳しく弾圧、多数
の死者を出す

1998年 インドネシアのスハルト政権が崩壊、後任のハビビ大統領が
東ティモールの特別自治権の付与の是非を問う住民投票の実施を旧宗主国
ポルトガルと同意

1999年8月30日 国連の監視下で住民投票が実施され78.5%の反対票に
より特別自治権提案が否決、東ティモールの独立が確定

その後もインドネシア当局の支援を受ける併合派と独立派との衝突が続く

2002年5月20日 独立式典が行われ正式に独立国家としての東ティモール
が発足

写真は首都ディリの行政府(旧ポルトガル総督府)。

この国を旅すると、インドネシアへの併合拒否の大きな要因の一つに
旧宗主国ポルトガルへの強い愛着があると感じる。

一方のポルトガルにとっては石油も、スパイスも、香木も産せず
戦略的立地でもない、その他大勢の植民地の一つに過ぎない。

首都ディリを歩いても、旧植民地につきもののコロニアル建築は
数えるほどしかない。

行政府前にはエンリケ航海王子生誕500年のモニュメントが
残っている(ポルトガル植民地時代の1960年建立)。

ポルトガルがティモール島を"発見"したのは16世紀初頭のこと。

東ティモールの公用語は現地語のテトゥン語とポルトガル語。
21世紀のアジアでポルトガル語を公用語とする意味はあるのか。

奇妙な国だ。

Dili, East Timor

撮影日 2009/6/8

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-20 23:00 | East Timor  

首都ディリのカトリック教会 〜東ティモール

f0116817_1126595.jpg


<<東ティモール(東ティモール民主共和国)略史>>

16世紀初頭 ポルトガルがティモール島を植民地化

1859年 ポルトガルがオランダに西ティモールを割譲

1974年11月28日 マルクス主義政党フレティリンが東ティモールの
独立を宣言 直後 インドネシア軍が東ティモール全土を制圧 併合を宣言

西側諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を重視、併合を黙認
その後も独立運動をスハルト政権下のインドネシアは厳しく弾圧、多数
の死者を出す

1998年 インドネシアのスハルト政権が崩壊、後任のハビビ大統領が
東ティモールの特別自治権の付与の是非を問う住民投票の実施を旧宗主国
ポルトガルと同意

1999年8月30日 国連の監視下で住民投票が実施され78.5%の反対票に
より特別自治権提案が否決、東ティモールの独立が確定

その後もインドネシア当局の支援を受ける併合派と独立派との衝突が続く

2002年5月20日 独立式典が行われ正式に独立国家としての東ティモール
が発足

写真は首都ディリ市内のカトリック教会

この国の国民の90%がカトリック信者で、独立志向の大きな要因の一つに、
イスラム国家インドネシアへの警戒があったことは間違いない。

ただ、インドネシア国民の88%はイスラム教徒だが、残り12%の大半は
キリスト教徒で、東ティモールの人口を大きく上回る。

インドネシアを旅行して実感したのは、両者が違和感なく共存していると
いうこと。同じ町にモスクと教会があり同じ学校でイスラム教徒とキリスト
教徒が学ぶ光景はごく普通に見られる。

そのあたりを東ティモール国民はどれだけ理解していたのか。

Dili, East Timor

撮影日 2009/6/8

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-19 23:00 | East Timor  

東ティモールに入国 首都ディリへ向かう

f0116817_15331743.jpg


インドネシア領ティモール(西ティモール)Motoainの国境ゲートを
抜け200mほど進むと東ティモールBatugadeのイミグレーションに到着。

ここでアライバルビザを取得(30米ドル)し入国。

写真の旗は赤、黄、黒の三色に白い星をあしらった東ティモール国旗。

クーパンを出発して約12時間で首都ディリに到着。

道路はほぼ全区間舗装されているものの、インドネシアに比べると保守状態
はかなり悪い。

なお東ティモールには独自通貨はなく米ドルが流通。
(1米ドル未満の補助貨幣のみ米セントと等価のセンタボが流通)

Batugade, East Timor

撮影日 2009/6/7

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-08-18 23:00 | East Timor