カテゴリ:Singapore( 8 )

 

チャンギ国際空港 ターミナル1 ~シンガポール

f0116817_214404.jpg


インドネシア バリ島 デンパサールからエアアジア(QZ8490)でシンガポール
に飛ぶ。

24.00シンガポールドル(別途空港利用料150,000インドネシアルピア)。
飛行時間2時間強でシンガポール チャンギ国際空港に到着。

同空港は東南アジア屈指のハブ空港。欧米とオセアニア地域、インドを結ぶ
路線に強い。名実とも24時間運用の空港ターミナルは管理国家シンガポールが
国力をあげて整備しただけあり、充実した免税店、多数の無料インターネット端末、
効率的なイミグレーションなどが評価が高い。

2009年8月現在、ターミナル1から3と格安航空会社専用ターミナル(LCCT)が開業し、
ターミナル4が建設中。1つのターミナルだけでちょっとした国際空港なみの規模である。

(少なくともアジアの)国際空港としては珍しく、出発旅客と到着旅客が同じフロアで
行きかう構造となっているが、全くストレスを感じない自然な動線はさすが。

すばらしいターミナルと並んで税関もすばらしく、インドネシアで購入したタバコを
発見されやむなく廃棄に同意。

私は知らなかったがシンガポールはほかの国では一般的なタバコの免税枠がなく、
1カートン(200本)あたり約150シンガポールドル(!!)もの税金を提示された次第。

写真はエアアジアの使用するターミナル1で。
なぜか同社はシンガポールではLCCTを使用していない。

Singapore

撮影日 2009/8/16

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-11-04 23:00 | Singapore  

再びバリ島 デンパサールへ飛ぶ

f0116817_081979.jpg


シンガポールからエアアジア(QZ8941)で再びインドネシア バリ島デンパサールへ飛ぶ。

30.00シンガポールドル(プロモーション料金 空港利用料含む)。
飛行時間約2時間半でデンパサール ングラライ国際空港に到着。

写真はシンガポール チャンギ国際空港で。

Singapore

撮影日 2009/7/18

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-10-02 23:00 | Singapore  

「黄亜細肉骨茶餐室」 ~シンガポール

f0116817_13223861.jpg


中華圏でただ単に「肉」といえば豚肉のこと。

マレーシア、シンガポールなど華人の多い東南アジア地域で食べられるのが
「肉骨茶」という料理。豚肉のハーブ煮込みと訳されることが多い。

諸説あるがマレーシアの港湾都市クランで肉体労働に従事していた中国からの
移民が安く体力のつく料理として生み出したという。

普通は福建省南部や台湾で話されている方言(閩南語)の発音で、「バークッテー」と
読むところを見ると、福建系の移民が生みの親なのだろう。

マレーシア クアラルンプールで食べた肉骨茶は即席で煮込まれたようで今ひとつ
だったが、この店は長時間かけて煮込まれたものを出す。

野菜など余計なものはなく、ただ骨付き豚肉の大きな塊のみ。ハーブ、スパイスが
効いたスープも美味。豚肉の美味しさを存分に味わえる。

ご飯とセットで6.00シンガポールドル。

「黄亜細肉骨茶餐室」
208 Rangoon Rd., Singapore
MRT (Mass Rapid Transit) Farrer Park駅(NE8)下車徒歩約10分

住宅街の中の不便な立地だが、地元の人で大混雑。名店である。

Singapore

撮影日 2009/7/18

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-10-01 23:00 | Singapore  

「威南記海南鶏飯餐室」 ~シンガポール

f0116817_1258305.jpg


海南島出身者が華南や東南アジアに広めたといわれる定番メニュー「海南鶏飯」。

特にマレーシア、シンガポールは華人が多いこともあり至る所で食べられる。
どこで食べてもそれほど当たり外れがないのだがこの店は別格。

マレーシア クアラルンプールの「金容海南鶏飯茶餐室」が今までのベストだったが
それの上をいく美味しさ。ジューシーな鶏肉、香り高い鶏スープで炊いたご飯など
すべてが真っ当。

鶏肉、ご飯、スープのセットで4.00シンガポールドル。

「威南記海南鶏飯餐室」
275 Thomson Rd., Singapore
MRT (Mass Rapid Transit) Novena駅(NS20)下車徒歩約5分

Singapore

撮影日 2009/7/17

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-09-30 23:00 | Singapore  

「ガーデンシティ」の宿 ~シンガポール

f0116817_15302412.jpg


シンガポール。

「ガーデンシティ」と呼ばれる緑豊かな市街地は確かに美しいが、生活感に乏しく
あまり魅力を感じない。

よく知られるように、ゴミひとつ落ちていない町並みや、治安のよさは、この国の人口の
70%以上を占める華人の行動様式を知り尽くし、そして嫌った「建国の父」李光耀元首相
の強烈なリーダーシップの賜物である。

モラルの向上は後回しにした罰金や強制による締め付けは確かに華人には大変有効だが
果たしてそれで維持される美観や治安に意味はあるのかと思う。

「開発独裁」により経済発展をとげた現在も、事実上の一党独裁が続いているという。
国民の政治への関心の低さは、以前住んでいた香港とよく似ているように感じる。

一人当たりGDPで日本を上回るこの国の物価は、交通費、食費などは日本より安いが、
国土が狭いこともあり宿泊費は高い。

宿泊した、ラッフルズホテルに程近い、インターコンチネンタルホテル………の向かいにある
ゲストハウス、Cozy Corner Guesthouse は屋上のドミトリーで12.00シンガポールドル。

周辺国であれば小ぎれいなシングルに泊まれる値段である。
写真は宿の入る1927年築の建物。 古いが保守状態がよく快適。

Singapore

撮影日 2009/7/15

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-09-29 23:00 | Singapore  

リトルインディアのヒンドゥー寺院 ~シンガポール

f0116817_16232548.jpg


シンガポールの人口の70%以上は華人で次いでマレー系、インド系の順。

インド系の人が多く住むリトルインディアは、インド本国や他の国のインド人街の
怪しさ、猥雑さが全くない、「ガーデンシティ」にふさわしい観光地として楽しめる。

リトルインディアを貫く Serangoon Rd. 沿いに、美しいヒンドゥー寺院、
スリ・ヴィラマカリアマン寺院がある。

南インドからの移民が多数を占めるこの国らしく、極彩色の神々の像で飾られた
ゴープラム(塔門)が特徴の南インド様式の寺院だ。

もともとは石灰採掘場で働く南インドからの移民の信者たちが資金を出し合い小さな
寺を建てたのが始まりで、インド系市民の社会的地位の向上にともない現在のような
立派な寺院になったという。

Singapore

撮影日 2009/7/16

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-09-29 23:00 | Singapore  

「がっかりしなかった」 マーライオン ~シンガポール

f0116817_13585628.jpg


シンガポールの観光名所といえばマーライオン。

実際に見てがっかりする、「世界三大がっかり」のひとつ(諸説あるが残りの二つは
デンマーク コペンハーゲンの人魚姫、ベルギー ブリュッセルの小便小僧)らしい。

確かに想像していたよりずっと小さいが、ウォーターフロントで水を吐く姿はなかなか
のもの。がっかりはしなかった。

Singapore

撮影日 2009/7/15

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-09-28 23:00 | Singapore  

”Resident Only” ラッフルズホテル ~シンガポール

f0116817_19471279.jpg


シンガポールを代表する高級ホテル、ラッフルズ。

ペニンシュラ(香港)、ストランド(ビルマ ラングーン)と並んで旧英国植民地の
雰囲気を色濃く残すホテルである。

正面玄関からロビーに入ろうとしたところ、ドアボーイが笑顔で「Resident Only」
と一言。やはり宿泊客には見えなかったらしい。

新棟を増築し大衆化が進むペニンシュラ、改装なったものの政情不安で肝心の
宿泊客が来ないストランドを見ると「Resident Only」も仕方ないか。

Singapore

撮影日 2009/7/15

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-09-27 23:00 | Singapore