「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:China (Shandong)( 7 )

 

2006年7月29日(土) 列車で済南から重慶へ

今日はこの旅行始まって以来の約29時間の長時間移動だ。
四人部屋の同室者は、さすが一等寝台だけあって、上品
そうな感じで一安心。

列車は定刻よりやや遅れて8:30に発車。乗るたびに思うが、
中国の列車乗り心地は抜群である。国防上の理由で、保線
に人海戦術で取り組んでいるのが奏功しているのか。

f0116817_20373720.jpg
f0116817_20381737.jpg


途中西安で乗客が入れ替わりその時目が覚めた以外は、
ほとんど目が覚めず快適な行程だった。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-22 20:40 | China (Shandong)  

2006年7月28日(金) 済南

これからもバスの少しずつ移動するか、列車で一気に移動するか
考え、後者を選ぶ。駅にいってみると、人でごった返しており、長距離
列車の寝台は軒並み満席。その中でなぜか唯一空いていた明日
(7月29日)発重慶行きの軟臥(一等寝台)下段を入手(627元)。

ところで中国の都市はその特徴から、都市名と別の愛称をつける
事がよくある。済南の別名は「泉城」で、多くの泉が湧き出す
ことによるらしい。

その中でも第一のステータスを誇る「Bao Tu Quang」に
行ってみた。済南生産のビールの銘柄になるほど、市のシンボル
として定着している。入場料も15元と、まあまあリーズナブル。
ただ観光客が多い上に、見かけは普通の池で、ちょっと拍子抜け。

f0116817_19463570.jpg


地図を持たず、駅周辺の旧市街を散策していると、下のような
教会に遭遇したりして楽しい。

f0116817_1952183.jpg


明日に備え、ホテルも駅前の郵政賓館に移動(142元)

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-22 20:04 | China (Shandong)  

2006年7月27日(木) 済南

昨日に引き続きホテル周辺をぶらぶら散策。
ちなみに山東省のナンバープレートは「魯」。

f0116817_19254312.jpg


引き続き魯華賓館に宿泊。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-22 19:28 | China (Shandong)  

2006年7月26日(水) 済南

済南駅周辺は再開発が進んでおらず、このようなクラシックな
感じの並木道が多く見られる。ホテル近辺の写真。

f0116817_1915691.jpg


引き続き魯華賓館に宿泊。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-22 19:18 | China (Shandong)  

2006年7月25日(火) バスで煙台から済南へ

煙台は見所が少なく、ホテル代も高いので、同じ山東省
の省都済南に向かうことにする。

本数の少ない列車に対し、バスは頻発しており、すぐに
乗車することができた(130元)。

5時間ほどで、済南市郊外のバスターミナルに到着、路線
バス(84路)で鉄道駅に向かい宿探し。

駅から徒歩10分ほどの魯華賓館(120元)に宿泊。設備
の割りに割高かと思ったが疲れていたのでここに決定。

下は済南駅近くの鉄路局の建物。堂々とした美しい建物だ。

f0116817_14512273.jpg


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-22 14:53 | China (Shandong)  

2006年7月24日(月) 煙台

煙台は町の規模のわりに見所の少ないところだ。

昼食をとった朝鮮料理屋の女主人も、「観光客は
威海や青島に行くからねえ。。。。」とのこと。

ところで、その朝鮮料理屋ではじめて犬肉を食する。
朝鮮半島の対岸に位置する煙台には多くの韓国企業
が進出しており、本格的な朝鮮料理が安く食べられる
のだ。

「初心者向け」とのことで、「赤身肉の水煮」(30元)を
オーダー。かたまりの状態でゆでた赤身肉を繊維に
沿って手で裂いてあり、数種類の香辛料を調合した
タレにつけて食べる。臭みもほとんどなく、やわらかい
食感で美味。。。

ホテル(鉄道大カ)からの眺め。

f0116817_1435568.jpg


本日も引き続き鉄道大カに宿泊。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-22 14:38 | China (Shandong)  

2006年7月23日(日) 煙台

目が覚めると、すでに中国大陸が見える距離に来ていた。
ゆれもほとんどなく快適な船旅だった。

タラップで下船し連絡バスでイミグレへ。

f0116817_14345478.jpg


入国手続きはスムーズ、ただ今自分がどこにいるのかわから
ないので、とりあえず駅に向かう。(実は急な行き先変更この時点
で、煙台が山東半島にある都市であることぐらいしか知らず、半島
のどのへんなのか等具体的なことは何一つわからなかった。)

煙台駅は港のターミナルからわずか停留所で一つの距離だった。。。

f0116817_14405466.jpg


あまりに小さな駅舎に拍子抜けしつつ、駅のすぐ横の鉄道大カにチェックイン。
180元とやや高いかなと思ったが、朝食つきとのことでまあ納得。煙台の下町
はこんな感じ。

f0116817_14514389.jpg


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2006-11-21 22:20 | China (Shandong)