<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

マラッカ オランダ教会 マレーシア

f0116817_204206.jpg


クアラルンプールからバスでマラッカへ。
所要時間約3時間、料金10マレーシアリンギット。

当地はマラッカ海峡に臨む要衝の地ゆえ、ポルトガル(16世紀)、
オランダ(17世紀)、イギリス(19世紀)、日本(20世紀)と、列強が
次々と支配してきた。

写真はマラッカのランドマーク的存在、オランダ広場に面した教会。
18世紀の建立。周辺の建物は教会と同じ弁柄色に塗られ、日光に
映え美しい。

Malacca, Malaysia

撮影日 2007/10/11

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-30 23:00 | Malaysia  

ペトロナスツインタワー クアラルンプール マレーシア

f0116817_13153314.jpg


ペナン島からバタワース経由で首都クアラルンプールへ。

バタワースのフェリー乗り場に隣接したバスターミナルから
クアラルンプール行きのバスに乗車。料金24マレーシア
リンギット。所要時間約5時間。

クアラルンプールは、マレー語で「泥が合流する場所」の意。
その名のとおり、市内で二つの川が合流している。

マレーシア最大の都市であるクアラルンプールは、緑の中に
高層ビルが立ち並ぶ近代的な都市。

写真はクアラルンプールを代表する超高層ビル、ペトロナス
ツインタワー。高さ452m、88階建てで、台湾の「台北101」
に抜かれるまでは、世界一の高さだったという。

Kuala Lumpur, Malaysia

撮影日 2007/10/9

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-29 23:00 | Malaysia  

ジョージタウン ペナン島 マレーシア ~3

f0116817_12481048.jpg


マレーシアで中国系に次ぐマイノリティ勢力はインド系。

中国系と並び称せられる商売上手であり、ジョージタウン
のような都市部ではインド系の店舗も多い(両替商、洋服屋
等々)。

当地のインド系の多くは、インド南部から移住したタミル系。
インド土着のドラヴィダ系に属し、色黒で、比較的背が低く、
インド北部に多いアーリア系とは大きく異なる。

このような経緯から、当地のインド系の共通語はタミル語、
看板の文字もほとんどがタミル文字。

写真は南インド様式のヒンドゥー教寺院。

Penang, Malaysia

撮影日 2007/10/8

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-28 23:00 | Malaysia  

ジョージタウン ペナン島 マレーシア ~2

f0116817_22392236.jpg


町自体がチャイナタウン(一部リトルインディア)といった
感じのペナン島の中心地ジョージタウン。

マレーシア全体で見ると、中国系の出身地は、広東、福建
そして客家(これは出身地ではなく民族だが)が主流である
と言われるが、ペナン島に限って言えば、広東系が多数派
のようだ。

細かく言うと、潮州(広東省東部、タイ華人に多い)、番禺
(珠江西岸)、海南島等等。

華人の例に漏れず、出身地ごとに郷土会館、寺院などが
有力者の寄付により建設され、コミュニティが形成されている。

写真は宿泊中のホテルより撮影。左端のビルは、ペナン島の
シンボル的高層ビル「コムター」。

Penang, Malaysia

撮影日 2007/10/7

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-27 23:00 | Malaysia  

ジョージタウン ペナン島 マレーシア ~1

f0116817_1545190.jpg


ペナン島の中心都市、ジョージタウン。

イギリスがこの島の割譲を受けた当時の国王、
ジョージ三世にちなむ。

もともと中国系が3割近くを占めるマレーシアの
中でも、ペナン島は特に中国系が多く、半数を
超えるという。

町全体がチャイナタウンといった雰囲気で、
広東省にかつて多くあった建築様式、「騎楼」
(二階部分が歩道に張り出し、アーケードの
ようになったもの)が残る。

Penang, Malaysia

撮影日 2007/10/6

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-26 23:00 | Malaysia  

バタワースからフェリーでペナン島へ マレーシア

f0116817_16375185.jpg


タイ バンコクから夜行列車でマレーシア本土の町、バタワース
に到着。途中駅での入出国手続きは、ホームに隣接する窓口で
行われ、とてもスムーズだった。

バタワース駅に隣接するフェリー乗り場から、ペナン島に向かう。
フェリーは24時間頻発しており、所要時間は15分ほど。
(料金往路1.20マレーシアリンギット、復路無料)

写真はバタワース側から見たペナン島の中心地、ジョージタウン。

Butterworth, Malaysia

撮影日 2007/10/6

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-25 23:00 | Malaysia  

バンコクから列車でマレーシア バタワースへ

f0116817_16262612.jpg


タイ バンコクから夜行列車でマレーシア バタワースに
向かう。

バンコクを定刻の14:45に出発。

二等寝台上段(AC付)で料金1,120バーツ。
所要時間22時間弱(定刻よりやや遅れ)。

写真は始発駅、バンコク中央駅にて。

Bangkok, Thailand

撮影日 2007/10/5

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-24 23:00 | Thailand  

世界遺産 アユタヤ遺跡 タイ ~5

f0116817_17311917.jpg


ワット・マハタート、聖木トンポに眠る仏頭。

Ayutthaya, Thailand

撮影日 2007/10/2

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-23 23:00 | Thailand  

世界遺産 アユタヤ遺跡 タイ ~4

f0116817_17241435.jpg


14世紀建立の、アユタヤきっての名刹。

かつては50mの高さの仏塔がそびえていたというが、
1767年のビルマ軍侵攻により破壊され、現在では
小さな仏塔と、仏像が残るのみ。

入場料30タイバーツ。

Ayutthaya, Thailand

撮影日 2007/10/2

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-22 23:00 | Thailand  

世界遺産 アユタヤ遺跡 タイ ~3

f0116817_17122423.jpg


ボートツアーの途中で立ち寄った、ワット・チャイ・ワッタナラム。
中央の仏塔はクメール様式。

アユタヤ遺跡の仏塔はスリランカ様式(円錐形)とクメール様式
が混在するが、クメール様式のほうが多数派。

入場料30タイバーツ。

Ayutthaya, Thailand

撮影日 2007/9/29

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2007-11-21 23:00 | Thailand