<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

再びコックスバザール海岸の夕焼け バングラデシュ

f0116817_11133191.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

ミャンマー(ビルマ)ラカイン州との国境に近く、歴史上何度もビルマ領になった
経緯から、ミャンマー系の住民も目にする。

コックスバザールの地名は、ビルマからの難民対策などの使命を帯びて東インド会社
から当地に派遣された英国人、コックス大佐が開いた市場(バザール)に由来するという。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/12

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-30 23:00 | Bangladesh  

コックスバザールの仏教寺院 バングラデシュ

f0116817_2326093.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

ミャンマー(ビルマ)ラカイン州との国境に近く、歴史上何度もビルマ領になった
経緯から、ミャンマー系の住民も目にする。

町中にはビルマ様式の仏教寺院がいくつもあり、ラカイン族などの仏教徒が集う。
写真はバルミスマーケットに近いアガメダ寺院(Agameda Kyang)。

仏塔の周囲にはビルマ様式通り、八つの曜日を表す動物が配置されている。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/11

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-29 23:00 | Bangladesh  

コックスバザールのラカイン族 バングラデシュ

f0116817_13322547.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

ミャンマー(ビルマ)ラカイン州との国境に近く、歴史上何度もビルマ領になった
経緯から、ミャンマー系の住民も目にする。

町にはミャンマーからの輸入品を売るバルミスマーケット(Burmese Market)
があり、ラカイン族、チャクマ族などの非ベンガル系の人達が店番をしている
ことが多い。

イスラム教国で、女性があまり町に出ず、店番も濃い顔のベンガル人男性ばかり
のバングラデシュで、東南アジア系の女性の柔らかい顔立ちを目にすると本当に
ほっとする。

写真の女性はラカイン族。顔にはミャンマーの伝統化粧品タナカを塗っている。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/11

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-28 23:00 | Bangladesh  

コックスバザール海岸の夕焼け バングラデシュ

f0116817_14543023.jpg


バングラデシュの首都ダッカから第二の都市チッタゴン経由で
コックスバザールへ。

コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

世界最長の120kmにも及ぶ砂浜とベンガル湾に沈む夕陽が自慢。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/11

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-27 23:00 | Bangladesh  

ラマダーン(断食月)のスープなど バングラデシュ ダッカ

f0116817_1951581.jpg


イスラム教国のバングラデシュはラマダーン(断食月)の最中。

日の出から日没までの飲食が合理的な理由のあるもの(旅行者、
重労働者、病人、妊婦など)を除きタブーとなる。

異教徒はもちろん対象外だが、日没時町を歩くと、夕食に備え
買い物をする人達や、日没を知らせるアザーンを食堂で待ちわびる
人達など、ラマダーン独特の雰囲気を味わえる。

ラマダーン期間中は、一日の断食明けのために胃にやさしい
豆のスープが定番メニュー。

カレー味の羊肉入り。ライムをしぼると美味。

店先の大鍋で煮ているこの店では一杯30バングラデシュタカ。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/9

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-26 23:00 | Bangladesh  

ラマダーン(断食月)のダッカ バングラデシュ

f0116817_8525673.jpg


イスラム教国のバングラデシュはラマダーン(断食月)の最中。

日の出から日没までの飲食が合理的な理由のあるもの(旅行者、
重労働者、病人、妊婦など)を除きタブーとなる。

異教徒はもちろん対象外だが、日没時町を歩くと、夕食に備え
買い物をする人達や、日没を知らせるアザーンを食堂で待ちわびる
人達など、ラマダーン独特の雰囲気を味わえる。

ラマダーン期間中は、簡単に食べられるポン菓子のような米の加工品
やおかずを売る屋台が町に出る。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/9

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-25 23:00 | Bangladesh  

ベンガル文字 ベンガル数字 〜 バングラデシュ ダッカ

f0116817_15255388.jpg



バングラデシュの唯一の公用語はベンガル語。

英領インドから東パキスタンとして1947年独立。その後
西パキスタン中央政府(現パキスタン)との独立戦争を経て
1971年、バングラデシュ人民共和国として再度独立。

独立戦争に至った大きな原因として、西パキスタン中央政府
による、ウルドゥ語の唯一の公用語化に対する反発があった
という。

こういう経緯もあり、バングラ人のベンガル語に対する愛着
はとても深く、町中の表示がベンガル語のみ(特に地方)ということ
が多い。

文字は最初から読むのをあきらめているが、数字もベンガル数字
表記であるのはちょっと困る。

写真はダッカ市内ボナニ駅の行先等級別料金表。

0は英数字と同じ、2もよく似ている。反対に9によく似ているのが
ベンガル数字の7で、8にしか見えないのがベンガル数字の4。その他は
英数字とは全く違う。

直感的に89と読んでしまうが実は47ということが起きる。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/8

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-24 23:00 | Bangladesh  

屋根の上の乗客たち バングラデシュ ダッカ

f0116817_158071.jpg


2008年9月7日、タイ バンコクから再びバングラデシュ ダッカに飛んだ。

前回往路9時間遅れ、復路12時間遅れだったビーマンバングラデシュ航空。
今回も遅延を覚悟していたが、わずか20分遅れでダッカ ジア国際空港に到着
した。少し拍子抜け。

写真は列車の切符を買いに行った、ダッカ市内のボナニ駅に停車中の列車。
屋根の上の方が快適だからか、運賃が安い(あるいは無料?)からか、必ず屋根の
に人が乗っている。

乗客だけでなく物売りまで屋根の上にいるのは驚き。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/8

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-23 23:00 | Bangladesh  

オールドバンコクの旗屋 ~タイ

f0116817_125539.jpg


タイの首都バンコク。

チャオプラヤ川とその流れをショートカットして掘られた運河によって、
人工の島ラッタナコーシン島がつくられた。

この島がバンコク発祥の地であり、旧市街地を形成している。

写真はこの地区に多いショップハウスの旗屋。赤青白の三色のタイ国旗、
黄色の王室旗、国王や高僧の写真、肖像画などが販売されている。

Bangkok, Thailand

撮影日 2008/9/5

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-22 23:00 | Thailand  

白い寺 Wat Bawon Niwet タイ バンコク

f0116817_1438188.jpg


タイ バンコク市内の寺、Wat Bawon Niwet。

白ずくめの外観が印象的。

バンコク自体が1782年に遷都された新しい街であるのに加え、周辺諸国
に比べ経済的に豊かなタイでは、寺院の改装が頻繁に行われるため、どうしても
日本人の感覚では派手すぎる印象。

Bangkok, Thailand

撮影日 2008/9/5

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-21 23:00 | Thailand