「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

タスアンからルアンパバーン行きのスローボートに乗る ~ラオス

f0116817_12222912.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境を通過、

ムアンガーン、ホンサー(Hongsa)に宿泊し、ルアンパバーン行きスローボート
の発着するタスアン(Tha Souang)にソンテウで移動。

8:30発、料金30,000ラオスキップ、所要時間1時間強。
道は未舗装の悪路。

タスアンはメコン川に面して民家が数軒あるだけの村とも呼べないところ。
ここでスローボートに乗り換えルアンパバーンに向かう。

11:00発、料金100,000ラオスキップ。

Tha Souang, Laos

撮影日 2009/1/6

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-28 23:00 | Laos  

ムアンガーンからホンサーに移動 ~ラオス

f0116817_12304925.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境を通過、

ムアンガーンに一泊し、翌朝次の目的地ホンサー(Hongsa)へソンテウで移動。

9:00発(1日1便)、料金30,000ラオスキップ、所要時間1時間強。
道は未舗装だが道幅は広く路盤の状況はおおむね良好。

次の目的地タスアン(Tha Souang)へのソンテウは翌朝にならないと出ないとのことで
ホンサーに宿泊。

市場脇のソンテウ乗り場周辺にゲストハウス数軒あり。
宿泊したところは50,000ラオスキップ(シャワートイレ付)だった。

写真はホンサーの朝市の様子。この時期は乾季で雨はほとんど降らないが、朝晩は冷え込み
午前中は霧がかかることが多い。

Hongsa, Laos

撮影日 2009/1/6

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-27 23:00 | Laos  

モン族の正月に出会う ~ラオス ムアンガーン

f0116817_13241261.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境を通過、
ムアンガーンの村に到着。

ムアンガーンは「村」とも呼べないような、小さな市場の周りに民家が点在するのどかな
ところ。

ムアンガーンの位置するサイニャブリ県は少数民族タイルー族やモン族が多く住む
地域で、村の大木の下ではちょうどモン族の正月(ピーマイモン)のまり投げの行事が
行われていた。

その後市場脇のソンテウ乗り場に行ったところ、次の目的地ホンサー(Hongsa)行き
のソンテウは朝一便(9:00発)しかないとのこと。

やむを得ず市場近くのゲストハウスに宿泊(シャワートイレ付、50,000ラオスキップ)

Muang Ngoen, Laos

撮影日 2009/1/4

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-26 23:00 | Laos  

再び歩いてムアンガーンの村に向かう ~ラオス

f0116817_14204116.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境に向かう。

ラオス側のイミグレーションを抜けさらに歩いてムアンガーンの村に向かう。
距離にして2kmほど。公共交通機関はないので歩くのが嫌ならヒッチハイクしかない。

交通量がまばらな昼下がりのムアンガーンの村。
日傘をさしてバイクに乗る女性とすれ違う。

ラオスに来たのだと実感。タイとは時間の流れ方が違うような気がする。

Muang Ngoen, Laos

撮影日 2009/1/4

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-25 23:00 | Laos  

歩いてラオス側のイミグレーションに到着 ~ムアンガーン

f0116817_13213874.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境に向かう。

タイ側イミグレーションを抜け、ラオス側イミグレーションまで歩く。
距離にして1kmほど。両イミグレーション間にはピックアップトラックが往復しており
荷物が多いときなどに利用できる。料金は不明。

ラオス側イミグレーションは簡単なゲートの脇に簡素な事務所があるだけの
のんびりした風情。

日本人はラオスにノービザで15日間滞在可能。ところが係官が不慣れなのか
25日間滞在可能のスタンプを捺してくれた。

その際正当なものかは不明だが、60タイバーツを要求され支払う。

なおこのイミグレーションではアライバルビザの取得は不可。ビザ取得の必要な
国籍の人は注意。

Muang Ngoen, Laos

撮影日 2009/1/4

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-24 23:00 | Laos  

タイ側のイミグレーションを通過 ~フェイコン

f0116817_1301143.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境に向かう。

到着したタイ側のイミグレーション脇には小さな売店兼食堂が一軒あるが、
周囲には何もない山の中。

イミグレーションにいたのはソンテウに同乗してきたラオス人3人と自分のみ。

あっさりと出国スタンプが押され手続き完了。

Huai Kon, Thailand

撮影日 2009/1/4

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-23 23:00 | Thailand  

ソンテウに乗り換えラオス国境を目指す ~タイ

f0116817_16294164.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境に向かう。

Thung Chang付近で故障して立ち往生したナーン(Nan)発ポーン(Pon)行きの
バスをあきらめソンテウ(軽トラックの荷台を改造した乗り物)に乗り換える。

直接国境まで行けるというので値段交渉。
距離からすると割高だと思われるが100タイバーツで妥協。

同乗したのは山岳少数民族の子供たち。
仲間うちではタイ語とは全く響きの違う言葉を話していた。顔立ちから以前村を訪れた
ことのあるラフ族ではないかと思われるが定かではない。

ソンテウはぐんぐん山道を登りフェイコン(Huai Kon)のタイ側チェックポストに到着。
道はここまで完全舗装で快適。

ナーンを出てからの総所要時間約4時間半。

Thung Chang, Thailand

撮影日 2009/1/4

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-22 23:00 | Thailand  

ラオス国境を目指す。。。が、バスが故障 ~タイ

f0116817_1615475.jpg


タイ北部、ナーン県フェイコン(Huai Kon)とラオス、サイニャブリ県ムアンガーン
(Muang Ngoen)の間の国境は長らく外国人の通行が出来なかったが、
2008年12月21日から再び通行が出来るようになったとの情報を得て国境に向かう。

ナーン(Nan)から国境近くのポーン(Pon)まで普通バスを利用(料金85タイバーツ)。

がポーン(Pon)の手前、Thung Chang付近でバスが故障し立ち往生。
運転手が車体の下に潜り込み修理しようとするが結局直らず。

Thung Chang, Thailand

撮影日 2009/1/4

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-21 23:00 | Thailand  

北タイの古都 ナーンへ

f0116817_21453691.jpg


タイ チェンライからバスでナーンへ向かう。

2等エアコンバス(9:00発の1日1本のみ、164タイバーツ)で
所要時間約5時間半。

ナーンは北と東をラオスに接するナーン県の県庁所在地。
四方を山に囲まれた盆地に位置する。

ナーン川沿いに広がるナーンの町は、チェンライをさらにのどかにした
ような田舎町の風情だが、19世紀末まで北タイで栄えたランナータイ王国
の都市としてチーク材の産出で繁栄した古都。

町には古い城壁が残り、町の規模に対して仏教寺院がとても多く
歴史を感じさせる。

Nan, Thailand

撮影日 2009/1/3

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-20 23:00 | Thailand  

サムロー ~タイ チェンライにて

f0116817_12492685.jpg


タイ最北端の県庁所在地、チェンライ。

徐々に都市化が進んでいるが、それでもバンコク、チェンマイなどの
大都市に比べるとまだまだ田舎町の風情。

自転車の後ろに客席を取り付けた乗り物、サムローも現役の交通機関
として健在。

写真は滞在したゲストハウス、ツーリストインのテラスより。

Chiang Rai, Thailand

撮影日 2008/12/30

RICOH GR DIGITAL II

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2009-02-19 23:00 | Thailand