タグ:コタキナバル ( 4 ) タグの人気記事

 

カンポンアイールナイトマーケット ~マレーシア コタキナバル

f0116817_219567.jpg


マレーシア サンダカンから再びバスでコタキナバルに戻り、海沿いの
「カンポンアイールナイトマーケット」で夕食。

カンポンアイールとはマレー語で「水上集落」の意。水上集落のあった
地域を埋め立てたためこの名が残ったらしい。

外国人観光客の姿も見られるが、基本的には地元の人向けのマーケットで、
魚市場や青果市場も併設されて賑わっている。

おかず屋台は東南アジアの定番。美味、安価、自然な笑顔がいい。

Kota Kinabalu, Malaysia

撮影日 2010/8/3

SONY α NEX-3 18-55mm F3.5-5.6

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2010-09-01 23:00 | Malaysia  

海辺のシティモスク ~マレーシア コタキナバル

f0116817_19141776.jpg


マレーシア コタキナバル。町の中心部は華人が多くモスクはあるのだがそこから
流れるアザーンの音量はとても小さく多数派のイスラム教徒が遠慮しているようだ。

市の北郊まで行くと海辺に建つ「シティモスク」がある。三方を海に囲まれた
真新しいモスクだが、四本の尖塔の中央から外れて配置されたドームが面白い。

市内郊外行きバスターミナルからLikas行きバスで料金1.00マレーシアリンギット。
所要時間約10分。

Kota Kinabalu, Malaysia

撮影日 2010/7/29

SONY α NEX-3 18-55mm F3.5-5.6

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2010-08-23 23:00 | Malaysia  

ラクサで昼食 ~マレーシア コタキナバル

f0116817_12394459.jpg


マレーシア コタキナバルはこの国の他の都市と同じく華人が多く、町全体
がチャイナタウンのよう。

食も豊富で中華料理、マレー料理、インド料理が手軽に味わえる。

中華料理とマレー料理の融合といえるのが「ラクサ」。カレーベースの汁そば
といったところで、中華麺とビーフンが選べるが私はビーフンが好み。

マイルドな辛さのスープにビーフンが絡んで美味。ミャンマー料理のモヒンガー
によく似ている。

4.00マレーシアリンギット。

Kota Kinabalu, Malaysia

撮影日 2010/7/27

SONY α NEX-3 18-55mm F3.5-5.6

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2010-08-22 23:00 | Malaysia  

シグナルヒルからの眺め ~マレーシア コタキナバル

f0116817_14115898.jpg


マレーシア コタキナバルは、ボルネオ島北東部に位置するサバ州の州都。

町の成り立ちが新しい上、第二次世界大戦中に空襲を受けたため町並みは
新しく、海と山に挟まれた狭い平地に広がる町並みはちょっと香港に似ている。

写真はシグナルヒルと呼ばれる裏山から見たコタキナバル市街地。

台湾から到着してみると意外に涼しい。南シナ海から吹く風はさわやかで
朝方はちょっと肌寒いほど。

Kota Kinabalu, Malaysia

撮影日 2010/7/27

SONY α NEX-3 18-55mm F3.5-5.6

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2010-08-21 23:00 | Malaysia