タグ:バングラデシュ ( 51 ) タグの人気記事

 

海のような大氾濫原 バングラデシュ上空

f0116817_15364992.jpg


インド トリプラ州アガルタラからアッサム州グワハティに
飛行機で移動。

利用したのはインドの新興航空会社キングフィッシャー航空

ネット上で空席照会、予約、支払いすべて可能で、料金も諸費用
込みで86.7米ドルとリーズナブル。

機体(ATR72)も真新しく、地上係員、客室乗務員の対応も非常に良好。

アガルタラからグワハティまでの航路の大部分はバングラデシュ上空
を飛ぶが見渡す限りの大氾濫原が圧巻。

バングラデシュの北に東西に走るメガラヤ丘陵と、東に南北に走る
アラカン山脈が南西から吹きつける湿気をたっぷり含んだモンスーンを
もろに受け止め多量の雨を降らせる。

その雨がバングラデシュ北東部の平野に流れ込み、写真の大氾濫原
(ハオル)をつくりだす。

飛行時間約40分。

Agartala, Tripura, India

撮影日 2008/9/19

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-10-10 23:00 | India  

インド トリプラ州 アガルタラへ

f0116817_2143991.jpg


バングラデシュ コックスバザールから一旦首都ダッカに
戻り、インド トリプラ州アガルタラに移動。

ダッカから国境の町アカウラまで列車(ノンエアコン)で
料金90バングラデシュタカ、所用時間約3時間。

アカウラ駅から国境までの距離約6km、リキシャで
料金(交渉)50バングラデシュタカ。バングラデシュの
出国税300バングラデシュタカ。

この国境は一応インド、バングラデシュ以外の第三国人
にも開放されているのだが、ほとんど利用がないらしく
珍しがられる。

徒歩で国境を越えるとそこがもうアガルタラの町はずれ。
中心部までの距離約3km、リキシャで料金(交渉)20インド
ルピー。

アガルタラはバングラデシュ東部にくさびのように食い込んで
いるインド トリプラ州の州都だが、人口20万人足らずの田舎町。

中心部は30分もあれば一周できるコンパクトさで、バングラデシュ
の町の人口過密と喧騒に比べて何とものんびりした雰囲気。
東南アジアの田舎町の風情。

写真は町のメインストリートHGBロード。

Agartala, Tripura, India

撮影日 2008/9/16

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-10-02 23:00 | India  

三たびコックスバザール海岸の夕焼け バングラデシュ

f0116817_0111577.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

世界最長、120kmにも及ぶ砂浜と、ベンガル湾に沈む夕陽が自慢。

夕暮れ時になると、大勢の観光客が夕陽を眺めに海岸を散歩する。
写真の女の子は観光客相手のアクセサリー売り。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/13

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-10-01 23:00 | Bangladesh  

再びコックスバザール海岸の夕焼け バングラデシュ

f0116817_11133191.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

ミャンマー(ビルマ)ラカイン州との国境に近く、歴史上何度もビルマ領になった
経緯から、ミャンマー系の住民も目にする。

コックスバザールの地名は、ビルマからの難民対策などの使命を帯びて東インド会社
から当地に派遣された英国人、コックス大佐が開いた市場(バザール)に由来するという。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/12

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-30 23:00 | Bangladesh  

コックスバザールの仏教寺院 バングラデシュ

f0116817_2326093.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

ミャンマー(ビルマ)ラカイン州との国境に近く、歴史上何度もビルマ領になった
経緯から、ミャンマー系の住民も目にする。

町中にはビルマ様式の仏教寺院がいくつもあり、ラカイン族などの仏教徒が集う。
写真はバルミスマーケットに近いアガメダ寺院(Agameda Kyang)。

仏塔の周囲にはビルマ様式通り、八つの曜日を表す動物が配置されている。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/11

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-29 23:00 | Bangladesh  

コックスバザールのラカイン族 バングラデシュ

f0116817_13322547.jpg


コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

ミャンマー(ビルマ)ラカイン州との国境に近く、歴史上何度もビルマ領になった
経緯から、ミャンマー系の住民も目にする。

町にはミャンマーからの輸入品を売るバルミスマーケット(Burmese Market)
があり、ラカイン族、チャクマ族などの非ベンガル系の人達が店番をしている
ことが多い。

イスラム教国で、女性があまり町に出ず、店番も濃い顔のベンガル人男性ばかり
のバングラデシュで、東南アジア系の女性の柔らかい顔立ちを目にすると本当に
ほっとする。

写真の女性はラカイン族。顔にはミャンマーの伝統化粧品タナカを塗っている。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/11

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-28 23:00 | Bangladesh  

コックスバザール海岸の夕焼け バングラデシュ

f0116817_14543023.jpg


バングラデシュの首都ダッカから第二の都市チッタゴン経由で
コックスバザールへ。

コックスバザールはバングラデシュ随一(唯一?)のビーチリゾート。

世界最長の120kmにも及ぶ砂浜とベンガル湾に沈む夕陽が自慢。

Cox's Bazar, Bangladesh

撮影日 2008/9/11

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-27 23:00 | Bangladesh  

ラマダーン(断食月)のスープなど バングラデシュ ダッカ

f0116817_1951581.jpg


イスラム教国のバングラデシュはラマダーン(断食月)の最中。

日の出から日没までの飲食が合理的な理由のあるもの(旅行者、
重労働者、病人、妊婦など)を除きタブーとなる。

異教徒はもちろん対象外だが、日没時町を歩くと、夕食に備え
買い物をする人達や、日没を知らせるアザーンを食堂で待ちわびる
人達など、ラマダーン独特の雰囲気を味わえる。

ラマダーン期間中は、一日の断食明けのために胃にやさしい
豆のスープが定番メニュー。

カレー味の羊肉入り。ライムをしぼると美味。

店先の大鍋で煮ているこの店では一杯30バングラデシュタカ。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/9

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-26 23:00 | Bangladesh  

ラマダーン(断食月)のダッカ バングラデシュ

f0116817_8525673.jpg


イスラム教国のバングラデシュはラマダーン(断食月)の最中。

日の出から日没までの飲食が合理的な理由のあるもの(旅行者、
重労働者、病人、妊婦など)を除きタブーとなる。

異教徒はもちろん対象外だが、日没時町を歩くと、夕食に備え
買い物をする人達や、日没を知らせるアザーンを食堂で待ちわびる
人達など、ラマダーン独特の雰囲気を味わえる。

ラマダーン期間中は、簡単に食べられるポン菓子のような米の加工品
やおかずを売る屋台が町に出る。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/9

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-25 23:00 | Bangladesh  

ベンガル文字 ベンガル数字 〜 バングラデシュ ダッカ

f0116817_15255388.jpg



バングラデシュの唯一の公用語はベンガル語。

英領インドから東パキスタンとして1947年独立。その後
西パキスタン中央政府(現パキスタン)との独立戦争を経て
1971年、バングラデシュ人民共和国として再度独立。

独立戦争に至った大きな原因として、西パキスタン中央政府
による、ウルドゥ語の唯一の公用語化に対する反発があった
という。

こういう経緯もあり、バングラ人のベンガル語に対する愛着
はとても深く、町中の表示がベンガル語のみ(特に地方)ということ
が多い。

文字は最初から読むのをあきらめているが、数字もベンガル数字
表記であるのはちょっと困る。

写真はダッカ市内ボナニ駅の行先等級別料金表。

0は英数字と同じ、2もよく似ている。反対に9によく似ているのが
ベンガル数字の7で、8にしか見えないのがベンガル数字の4。その他は
英数字とは全く違う。

直感的に89と読んでしまうが実は47ということが起きる。

Dhaka, Bangladesh

撮影日 2008/9/8

Nikon D70S, AF-S Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5G ED

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by gogoasia | 2008-09-24 23:00 | Bangladesh